敬老の日は感謝を伝えるチャンスにして

subpage01

敬老の日はいつもどのようにして過ごしているでしょうか。

特に気にせずに過ごしている方も多いかもしれません。

しかし、せっかくですからこの日を身近な方への感謝を伝える日にしてみましょう。

敬老の日のことなら、こちらをご参考にしてください。

なぜなら、こうしたきっかけがないとなかなか感謝の気持ちは伝えにくいものだからです。親であったり、祖父母であったり、自分をこれまで支えてきてくれた方は誰にでもいるものです。しかし、身近だからこそ伝えにくいことがあったり、また伝えることができないままになってしまいやすいものです。
ぜひこの敬老の日を契機として生かしてみましょう。



基本的には気持ちを伝えるだけでもよいですが、何か形になるものがあったほうが、それを渡すことによって話すきっかけにもなるのでぜひ何か用意してみましょう。
言葉にすることが難しい方は手紙を書いておくのも素敵です。

また、ちょっとしたプレゼントを用意しておくのもよいでしょう。
あまり高価なものでは相手も遠慮してしまいがちになりますが、花束や実用的な品物など、日常の中で気兼ねなく飾ったり使ってもらえるものなら受け取ってもらいやすくなるかもしれません。



相手の好みや生活スタイルがわかればそれに合わせて選んでみましょう。

実際に会えない場合でも、ちょっとした贈り物や手紙を送るだけでもコミュニケーションをとるきっかけが生まれます。普段あまり話をしていない年上の方に、ぜひ敬老の日をきっかけとして感謝を伝えてみたいものです。