敬老の日に贈るべきではないプレゼント

subpage01

敬老の日に何をプレゼントしようか迷ってしまう方は非常に多いかと思いますが、敬老の日に贈るべきでないとされるプレゼントもあるので注意が必要です。

基本的に、敬老の日には死や病気を連想させるものを贈るのは不適切です。

例えば、弔事や香典返しで使われることが多い日本茶や、寝たきりが連想されるパジャマ、「苦」や「死」を意味する櫛などが挙げられます。
また、ハンカチは弔事に使われるとともに、漢字で手巾(てぎれ)と書き、「縁を切る」という意味があるアイテムなので避けた方が無難です。

敬老の日に関する情報が幅広く集まります。

また、敬老の日は目上の方にプレゼントすることになるため、「もっと働いてほしい」というメッセージとなる文房具や、「時間管理をしっかりしなさい」という意味を含む時計なども不適切です。



足で踏みつけるアイテムである靴・靴下・スリッパなども、人によっては不快に感じる恐れがあるので注意が必要です。


加えて、下着に関しても基本的には目上の方にプレゼントするものではありませんし、老眼鏡や補聴器などの年寄扱いするようなアイテムも不適切でしょう。

花をプレゼントする場合に関しても、特別な理由がない限りは、葬儀を連想させる菊や白い花、墓地に植えられることが多い彼岸花、「死」や「苦」を連想させるシクラメン、老いを連想させる首が垂れた花などは避けるようにしましょう。



上記したアイテムは、敬老の日に絶対に贈ってはいけないというわけではありませんが、お年寄りの方は若い方よりも縁起を大切にする方が多いので注意が必要です。